MENU
カテゴリー

香水の製造年月日はどこにあるの?消費期限を見て解決!

香水製造年月日のアイキャッチ

まだ残っているのについつい新しい香水を買ってしまう

なんてことがよくあると思います

なかなか香水を使い切るのは難しいですよね

そこで今回は香水がどれくらい持つのか

そして余った香水の活用方法なども紹介していきます

スポンサーリンク
目次

香水の製造年月日どこにあるの?

香水の製造年月日は

一般的な香水商品には記載されていることは少ないです

香水の成分や品質を保つために

一般的には製造年月日ではなく

製造番号やバッチコードなどが記載されることがあります

これは生産ロットごとに異なる識別番号で

生産時期や原料の批次を管理するために使用されます

基本的にはいつ製造されたのかはわかりません

なのでいつ購入したかということが分かればいいですね

商品のラベルやパッケージに記載されている

情報を参考にすることで

製造番号やバッチコードなどを確認することができます

また、香水メーカーやブランドによっては

公式ウェブサイトやカスタマーサポートを通じて

詳細な情報を取得することもできるかもしれません

しかしながらそこまで正確に知る必要はないです

先ほども述べた通りいつ買ったのかを控えておきましょう

香水の消費期限は?

香水の消費期限は一般的に開封後の期間で計算されますが

香水の成分や保存状況によって異なります

一般的な目安としては

開封後の香水は2年から3年程度

持続することが多いです

もちろん香りの種類によっても異なってきます

濃い香料を使われている香水は長持ちします

なのでパルファムは長期的に

見ても匂いが変わりにくいです

香水の種類について解説しているのでこちらも参考までに

自分の体験談

自分自身初めて香水を買ったのは中学2年生の時でした

なので大体14才くらいの時でしょうか

そこからその香水をたまに使っていますが

かれこれ7年、開けてから経っています

香りはほとんど変わりないですが

持続時間が短くなったなとは感じます

なので、一概に消費期限は何年とは言えないです

香りがおかしいなと感じたら捨てるべきなのです

香水の保管方法

以下のポイントに注意して香水を保管することで

香りや品質を長持ちさせることができます

せっかく買った香水なので

長持ちさせたいですよね

ぜひ参考にしてみて下さい!

遮光性と涼しい場所で保管する

香水は日光や高温多湿の場所で保管すると

成分が変化して香りが劣化する可能性があります

遮光性の高い、直射日光の当たらない場所で

涼しい温度で保管しましょう

キャップをしっかりと閉める

香水のキャップをしっかりと

閉めて空気を遮断することで

香りを長持ちさせることができます

使ったまま放置は良くないですよ!

空気との接触を避ける

香水は空気中の酸素と接触することで酸化

香りが変わる可能性があります

スプレーボトルの場合

使用後にすぐにキャップを閉めることで

空気との接触を減らすことができます

空気はそれほど香水にとって天敵なのです

余った香水の活用方法

余った香水を効果的に活用する

方法はいくつかあります

ここではおすすめの活用方法を紹介します

ぜひ余っている香水を使ってみてください

衣類やリネンの香り付け

香水を軽くスプレーして

衣類やベッドリネンに香りをつけることができます

ただし、直接香水をかけるのではなく

適量を空中にスプレーしてから

香りを浸透させると良いでしょう

直接つけるとシミになる場合も

あるので直接は振りかけず

空気中に撒いて分散させてつけましょう

ルームスプレーとして使用

小さなスプレーボトルに香水を入れて

部屋の香り付けに使用できます

部屋の中に軽くスプレーすることで

リフレッシュしたりリラックスしたりすることができます

大体1~2プッシュが目安です

友人や家族へのプレゼント

余った香水をボトルごと贈るか

アトマイザーに入れ、他のアイテムと

組み合わせてギフトセットにして

友人や家族にプレゼントすることもできます

意外と香水のプレゼントは喜ばれるのでおすすめです

ハンドメイドキャンドル作り

手作りキャンドルに香りをつける際に使用することができます

キャンドルの蝋に香水を混ぜるか

表面にスプレーすることで

お部屋に香りを広げることができます

余らない香水の買い方

サブスクを利用すると余らず買い切りで

香水を買うことができます

かれこれ1年間使っていますが

いろいろな香りに出会うことができますし

毎月新しい香りが届くので

月末がとても待ち遠しくなります

4mlですが、これが丁度いいのも魅力です

まとめ

消費期限はあくまで目安であり

香水の品質や香りが一様に変化するわけではありません

個々の香水によっても異なるため

開封後の香りを嗅いでみて自分の

感覚で判断することも大切です

香りが変わっている場合や

異常な臭いがする場合は

使用を中止することをおすすめします

香水製造年月日のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学4年生心理学を専門に学んでいます。香水を集めることが趣味です。 様々な人生経験をもとに記事を書いてます。

コメント

コメントする

目次