MENU
カテゴリー

トワレとパルファムとは?香水の種類について解説します

トワレとパルファムとはアイキャッチ

香水にはたくさんの種類があります

香りの種類だけでなく

持続時間や使われる素材によっても呼び方があります

なので今回は香水の種類が多くてわからないというあなたに向けて

わかりやすくまとめました

スポンサーリンク
目次

トワレとパルファムとは


トワレはオーデトワレというのが正式名称です

これは各種類の中でもかなり価格や香りともに手ごろです


パルファムはトワレよりも格段と濃い香料が使われています

なのでパルファムは上級者向けというイメージが強いかもしれません

ここではオーデトワレとパルファムを詳しく解説します

オーデトワレ


薄められた香水で一般的に手頃な価格で入手しやすいです

香りは軽く、日常的な使用に適しているのがオーデトワレです

アルコールに香料が溶かされているため

香りの濃度が低くなります

それでも香りは比較的長持ちしますがパルファムほど強くはありません

一般的には2~4時間ほど香りが持続すると言われています

トワレは日常的に使われることが多く、手頃な価格(2000円~数万円まで)で入手しやすいです

パルファム


パルファムは、香水の中で最も高い香料濃度を持っています

一般的に香りが非常に強くかなり長持ちします

6~8時間以上は香りが持続します

高濃度の香料が含まれているため

少量でも香りが強く発揮されるのです

肌に直接つけても良いですし

少量でも持続力があるため使用量は少なくて済みます

結局違いは?

結局のところ何が違うのか

それは香料の濃度(持続時間)と価格です

私たちの感覚では価格が高いのがパルファムという

認識が多いですが

香料の濃度が香水の種類を分類してます

パルファムとオーデトワレの違いは香料の濃度だったのです


選択する香水の種類は

個人の好みや使用目的によって異なります

特に特別なイベントや長時間の使用を希望する場合は

パルファムがおすすめです

日常的な使用や手頃な価格での入手を希望する場合は

オーデトワレが適しています

香水の種類一覧

香水は香料の濃度によって種類分けされます

つまり名前を見ればどんな香りの濃さかを理解できるように

なるので参考程度に抑えておくとオッケーです

パルファム(Perfume)

最も高濃度の香料を含む香水で

一般的に香りが非常に強く、長持ちします

アルコールに溶かされていないため

肌に直接つけて使用することもできます

持続時間は6~8時間以上

オーデパルファム(Eau de Parfum)

パルファムよりも薄められた香水で

アルコールに溶かされています

香りの濃度は高く、比較的長時間持続します

持続時間は4~6時間

オーデトワレ(Eau de Toilette)

オーデパルファムよりもさらに薄められた香水で

一般的に手頃な価格で入手しやすいです

香りは軽く、日常的な使用に適しています

持続時間は2~4時間

オーデコロン(Eau de Cologne)

オーデトワレよりもさらに薄められた香水で

さわやかな香りが特徴です

フルーティーやシトラス系の香りが一般的です

ボディミスト(Body Mist)

軽い香りで、保湿成分が含まれていることが多く

身体全体に使われることがあります

ロールオン・オイル(Roll-On Oil)

オイル状の香水で、肌に直接塗布して使用します

長持ちしやすく、香りが肌によく馴染みます

香水の中で一番使われる種類

香水の中で一番使われる種類はオーデパルファムです


香料がアルコールに溶かされていながらも

香りの濃度は高く比較的長時間持続します

このバランスの取れた濃度と持続性が人気なのです

おすすめのオーデパルファム

ここでは個人的におすすめのオーデパルファムを紹介します

レプリカレイジーサンデーモーニング

メゾン マルタンマルジェラの香水です

普遍のものが思い起こさせる

“思い出の香り”をイメージし柔らかくフレッシュなシーツ

に包まれた清々しい朝の香りをイメージし作られています

とても良い香りなのでぜひ一度お試しください

こちらの記事おすすめの香水を紹介しているので

よければ見てください

パルファムを付けるときの注意

ChanelのNo.5などかなり強い香り代名詞でもあるのがパルファムです

そこでパルファムを付けるときの注意点についてまとめました

普段の香水と同じようにパルファムを使ってしまうと

自分自身や周りの人の体調や気分を悪くしてしまう

可能性があるので注意して使用する必要があります

控えめに使用する

パルファムは香りが非常に濃厚なので

少量で十分な香りが漂います

過剰に使うと周囲の人に不快感を与える可能性があるので

控えめに付けるようにしましょう

ワンプッシュでも多いと感じる場合は

コットンなどにつけて薄めてからつけるとよいです

肌に直接つける

パルファムは皮膚に付けることができますが

衣服やアクセサリーに直接付けるのは避けましょう

アルコールや油分が衣服に染み付くことがあり

変色や損傷を引き起こすことがあります

また香りが変化しにくくなるので

トップノートだけが残り続けるということにもなるので

肌に直接つけましょう

脈拍が速い部位に付ける

香水の香りをより持続させるために

脈拍が速い場所に付けると効果的です

例えば、首筋や腕の内側、耳の後ろなどが良いでしょう

パルファムは香りが強いので足首などにつける

人もいます。それでも十分香りが出るので

付ける場所をいろいろ試してみるとよいでしょう

香水選びに失敗しない方法

どうせ買うなら自分の好きな香りを買いたいですよね

また香水は瓶で買うと、50mlとかあり

自分が好きではない香りだと余ってしまうでしょう

なのでここでは香水選びに失敗しない方法をまとめました

複数の香りを試す

香水は個人の好みによるものなので

必ず複数の香りを試してみましょう

試香用のサンプルを使ったり

香水コーナーでテスターを試すことができるので

それを参考にして買いましょう

香りのノートを理解する

香水にはトップノートミドルノートベースノート

という異なる段階の香りがあります

香りが時間とともに変化することを

理解しておくと選択しやすくなります

自分のライフスタイルに合わせる

香水の香りはその人のライフスタイルや

個性に合ったものを選ぶと良いでしょう

日常的に使う香りか、特別なイベント用に使う香りかを考えるとよいです

まとめ

トワレとパルファムの違いについて解説しました

香水は香料の濃さによって種類が分けられています

香水で一番人気なのはオーデパルファムで

個人的おすすめのオーデパルファムは

レプリカレイジーサンデーモーニングですお試しください

パルファムを付けるときは普通の香水より香りが

強いので付け方に注意しましょう

香水選びを失敗しないようにするには

複数の香りを試したり、香りのノートを調べてみるとよいです

これが今回のまとめです。あなたの人生に少しのアクセントとなる

素晴らしい香水が見つかることを楽しみに待っています


トワレとパルファムとはアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学4年生心理学を専門に学んでいます。香水を集めることが趣味です。 様々な人生経験をもとに記事を書いてます。

コメント

コメントする

目次