MENU
カテゴリー

香水を膝裏につけるのはなし?付けるときのポイントを解説

香水膝裏に付けるのアイキャッチ

香水を膝裏に付けるのは一般的とは言えません。

実はとてもマイナーな付け方なのです。

膝裏に香水を付けるポイント

清潔な肌につける

3プッシュが適量

膝の内側に付ける

付けたら触らない

という感じのポイントがあります。

他の部位にも共通する付け方もありますが

これが主なポイントです。

本文ではさらに詳しく解説していきます。

ネットでもあまり解説されない膝裏に付ける方法を

今回は解説していきます。

カオリちゃん

膝裏に香水付けている人は香水上級者…

記事の最後にはおすすめの香水の試し方を紹介しています。

ボトルで買って余ってしまったということはよくありますよね

そんな悩みにおすすめのなのが香水サブスクです。

香水サブスクCOLORIAのサイトはこちら
スポンサーリンク
目次

香水を膝裏に付けるときのポイントまとめ

香水を膝裏に付けるときのポイントを3つ紹介します。

清潔な肌につける

膝裏に香水をつける前に、その部分をきれいに

洗って乾かしておきましょう。

清潔な肌につけることで、香りがより長く持続します。

面倒な方は洗わずにそのまま付けても問題ありません。

適量をつける

香水は少量を使うことが重要です。

膝裏には、軽く数回スプレーするだけで充分です。

香水にもよりますが、オードトワレの場合は3プッシュまでが目安です。

過剰につけると香りが強すぎる場合があるので注意してください。

膝裏の内側につける

膝裏に香水をつける際は、膝の内側にスプレーするようにしましょう

外側ではなく内側につけることで、香りがより長く残ります。

体温が高いと香水本来の変化を楽しむこともできるので内側がおすすめです。

香水を膝裏に付けるときに気を付けること

香水を膝裏に付けるときには注意するべきことがいくつかあります。

もみ込まない

香水をつけた後は、もみ込まずに自然乾燥させましょう。

肌にしみこませたらよい香りがするかなー

とか思うこともありますが、実はそれは間違いです。

皮膚との摩擦によって香りが変化することがありますので、

触らずに放置しましょう。

服に注意

膝裏に香水をつける際は、服につかないように注意しましょう。

香水が服につくと、染みやすい素材ではシミになることがあります。

出かける前にシミができてしまったらテンションも下がってしまいますよね。

服に付いてしまったときの対処法はこちらで解説しています。

香りの持続時間を確認

香水の香りは商品によって差がありますので、

つけた後の香りの持続時間を確認しましょう。

体温や皮脂の分泌量によっても香りが変わるため、

自分に合った方法を見つけてください。

薄くなるタイミングが分かればその時に

付け足すことができるので把握しておいて損はありません。

膝裏に香水を付けるのは一般的なの?

膝裏に香水をつけることは、一般的な方法とは言えません

通常、香水をつける部位としては、

首筋や手首、耳の後ろなどが一般的に選ばれます。

これらの部位は、体温が比較的高く、

香りがより良く拡散されるためです。

膝裏は通常、服や座面などに接触する部位であり、

香水が付着してしまうと衣服にシミがつく可能性があります。

また、香りが直接周囲に拡散しにくい部位でもあります。

そのため、膝裏に香水をつける場合は、

一般的な使用方法とは言えないです

香水を付けるべきおすすめ部位

ではどこに香水を付けたらよいでしょうか?

おすすめは手首一択です

手首に香水を2プッシュしてください

1プッシュは左手首、1プッシュは右手首にしましょう。

そして少し多いので、首にポンポンと付けてください。

これが間違いのない香水の付け方です。

香水を安く試したいなら…

香水をボトルで買うと余ってしまう

ボトルで買ったけど自分の好みと合わなかった

テスターが置いてなかったので仕方なかった

あきらめるのはつらいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが

香水サブスクCOLORIA(カラリア)です。

毎月1980円で自分で選んだ香水が一つ届きます。

ボトルで一気に買って余すより、一度試してから買うといいですよね。

一か月だけ試して解約ということもできるので安心して利用できます。

香水サブスクCOLORIAのサイトはこちら

膝裏に香水をつけることで、より長く香りを楽しむことができます。

適量をつけて、清潔な肌に香りをつけることで、

香水の持続時間をより長くできるのでお試しください。

香水膝裏に付けるのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学4年生心理学を専門に学んでいます。香水を集めることが趣味です。 様々な人生経験をもとに記事を書いてます。

コメント

コメントする

目次