MENU
カテゴリー

【心理学で解説】好きな気持ちが憎しみに変わってしまう理由と対処法

心理学好き憎しみアイキャッチ画像

このブログでは心理学と香りについて解説しています。

ナヤミン

好きな気持ちが憎しみに変わってしまう
憎しみに変わってしまうことが怖い

そんな悩みが付き合っていると出てきます。

以上のような、心理的悩みの質問にお答えします。

この記事の内容

好きな気持ちが憎しみに変わる原因

憎しみが出てきた時の対処法

という悩みに現役心理学生が解説していきます。

当ブログの管理人は心理学を専門に学べる大学に入学し

心理学を専門に学んで3年目になります。

本記事では好きな気持ちが憎しみに変わるメカニズムと

恋人との良い関係の築き方を紹介しました。

恋人との関係性の築き方を学べば、今まで以上に親密で深い信頼関係になることができます。

記事の後半では具体的な関係性の構築方法

紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
目次

好きな気持ちが憎しみに変わる原因とは?

あんなに好きだったのに、気づいたら好きな気持ちはなくなって

相手のことが憎くなってしまっている。

なぜ好きだった気持ちが憎しみに変わるのでしょうか?

主な理由は3つ

・裏切りや傷つけられた経験

・対立や衝突

・過度の期待や依存

裏切りや傷つけられた経験

信頼していたり、愛している人からの裏切りは憎しみに変わります。

よくあるのが恋人の浮気です。

愛している人が私のことを裏切った傷つけられた

元カレが憎くて仕方ない。

というようなことがよくありますね。

また信頼してた人が急に自分を傷つけてきたら

それは怒りや憎しみに変わりますよね。

自分に危害を加えてきたというのが憎しみに変わるトリガーの一つです。

また見下され、拒絶されたなんかも同じく憎しみに変わる要因です。

対立や衝突

意見の対立価値観の衝突などで憎しみに変わる場合があります。

よく喧嘩別れをするカップルがありますが

喧嘩した後に別れる選択に至るということは

好きな気持ちが憎しみに変わっている可能性が高いです。

ちょっとした意見の対立や価値観の違いが

何度も積み重なってしまうと次第に憎しみや敵意に変わる可能性があります。

過度な期待や依存

相手に過度な期待や依存をしている場合も憎しみに変わる場合があります。

彼氏が自分の誕生日に何もしてくれなかった。

本当にありえないし、憎いとさえ感じる。

これは自分の誕生日だからサプライズがあるのではないかと

期待したことが裏切られたので、憎しみに変わってしまったということです。

また依存の場合はかなり危険です。

依存はドーパミンというホルモン物質が原因で起こることです。

相手は私のこと好きなんだろうか?不安だな

相手から好きって来た嬉しい。と定期的にドーパミンが出て

次第に相手に依存するようになっていきます。

詳しいドーパミンのメカニズム
STEP
快楽を感じる

最初に依存対象(例えば、薬物、ギャンブル、SNSなど)を使用すると、脳内でドーパミンが放出されます。このドーパミンの放出により、快楽や喜びを感じることができます

STEP
報酬系の活性化

ドーパミンの放出によって報酬系が活性化され、その行動が報酬と関連付けられます。脳はこの行動が良いことだと認識し、依存対象に対する欲求が増加します。

STEP
反復的な行動

快楽を感じるために依存対象を再び使用することが強化されます。この反復的な行動により、ドーパミン放出が繰り返され、依存が強化されます。

STEP
耐性の発生

依存対象を使用する頻度や量が増加すると、脳はドーパミンに対する耐性を発達させます。その結果、より多くの依存対象が必要になり、依存が深刻化します。

STEP
離脱症状の発生

依存が発達すると、依存対象を使用しないと離脱症状(感情の不安定さなど)が現れることがあります。この離脱症状を緩和するために、依存行動がさらに強化されます。

そのうち彼からの連絡が途絶えると

ドーパミンが切れて重い禁断症状がでるようになります。

感情が不安定になり、不安や恐怖、憎しみなど

強い感情が出てくるようになるので依存は危険です。

愛情カタストロフィーという言葉がある

このような好きな気持ちから一転し憎しみに変わることを

愛情カタストロフィーと表現されることがあります。

心理学ではカタストロフィー理論として説明されます。

またカタストロフィー理論では

相手に対する好きの気持ちが深ければ深いほど

憎しみに変わったときに強い憎しみとなる。

とされています。非常に悲しい話です。

完璧な好きは時に自分を苦しめる

原因はある程度わかったと思います。

過度な期待や相手からの裏切りなどは

すべて自分の幻想で起きていることかもしれません。

私が好きになった人だから、しっかりするのは当たり前

相手に求める基準が高すぎるかもしれません。

恋愛は思っている以上に泥沼

完璧な恋愛をしたいという気持ちは誰しもが持っています

白馬の王子様がいつか私を夢みたいな生活に導いてくれる

なんていう妄想をしてしまう気持ちもわかります。

しかし現実の恋愛というのは醜く、汚いものです。

世間では不倫といった聞くに堪えない話ばかり。

しかしながら、完璧を求めすぎるが余り

こういう結果になっているのではないでしょうか?

それでも恋愛の醍醐味はある

恋愛は泥沼で醜く、汚いときもあります。

しかしながら恋愛は私たちが生きてくうえで欠かせないものです。

恋愛によって良い面も、悪い面もあるのは事実。

彼氏と出かけるのも、時にイチャイチャするのもすごく楽しいです。

しかし、いいことばかりではありません。

相手の嫌な面や、見たくないところまで見えてしまう。

そんな時は妥協やあきらめも重要です。

相手を許せることこそ恋愛の醍醐味なのではないでしょうか?

それが関係を続けていくうえで欠かせない要素です。

カタストロフィーに立ち向かうには

カタストロフィーに直面した場合、焦らず一歩ずつ改善していきましょう。

まずは現実を受け入れて自分が憎しみを持っていることを自覚します

その時自分の感情を否定してはいけません。

感情に良し悪しを付けず客観的に見ることが重要です。

次にどうして憎しみに変わったのか原因を探します。

きっと相手か自分に問題があったことに気づきます。

まずは自分に原因がなかったのか考えましょう

というのも相手の行動をコントロールするのは心理学では

ほぼ不可能とされているからです。

後は自分自身が思いついた解決法を実践してください。

価値観を話し合う

長く付き合っていくうえで必ず必要なのが

価値観を話し合うことです。連絡の頻度や会う頻度など

自分が尽くしていると思っても相手からすると

くろこさん

彼女が全然会ってくれなくてかまってくれない

なんていうすれ違いが起きてしまう可能性が高いです。

その小さなすれ違いが積もってカタストロフィーが起きてしまう

原因になるので、しっかりお互いの価値観を話し合っておきましょう。

憎しみが強くつらいなら

憎しみが強くつらい場合は無理して関係を続けるのはやめましょう。

一旦、距離を置き感情を鎮めることが重要です。

ネガティブな感情で物事を取り組めばネガティブな結果になります。

そのまま関係を続けても破綻してしまう可能性が高い。

なので距離を置き、リフレッシュして感情をポジティブにしましょう。

ポジティブな状態で物事を決断すれば相手にとっても良い影響があります

思いつめすぎなことが大切です

いずれにせよ、せっかく好きになったならもっと気楽にいきましょう。

思いつめすぎると、楽しかったことも、嬉しかったことも

嘘のように消え去っていきます。

そんな悲しい結末は望んでませんよね。

ならもっと気持ちを楽にするべきです。

気持ちを楽にする方法を3つ解説します。

距離を置いて付き合う

まずは距離を置くところからです。

先ほども紹介しましたが、距離感って大事です。

いつでも会えるなんて状態だと

カタストロフフィーの原因になってしまいます。

恋愛以外の楽しみを持つ

恋愛以外の楽しみも見つけましょう。

推し活でも、ゲームでも運動なんかもいいですね。

とにかく好きなことや、気持ちが落ち着くことを行いましょう。

自分自身を磨く

メンタルを整える一番の方法は運動です。

身体を動かすことで、ホルモンバランスが正常になります。

計り知れないメリットがあるので運動はおすすめです。

気持ちがつらくなったら運動する。これが一番の解決法です

またメイクやファッションなどの勉強をするというのも

良いと思います。自分に集中する時間ができると

カタストロフィーは起きにくくなるでしょう。

さて、いかかがだったでしょうか?

思いつめないためには?

・距離を置いてみる

・恋愛以外の楽しみも探す

・自分磨きをしてみる

もっと気楽に楽しんでみてください!

せっかく好きになったなら恋愛を楽しみましょうよ!

さらなる良い関係に進めるためにこの記事が役に立つと幸いです。

心理学好き憎しみアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学4年生心理学を専門に学んでいます。香水を集めることが趣味です。 様々な人生経験をもとに記事を書いてます。

コメント

コメントする

目次